Home

生活力と効率性UP!絶対購入しておきたいモノ・コト編

Ichinoteコンサルティング

Ichinoteコンサルティング代表の西と申します。この度は本ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。当社では「皆様の新しい一歩に手を差し伸べる」をコンセプトに、事業拡大に向けて経営支援・各種事業計画書の作成及びご融資のサポート等を行なっております。

便利グッズその①「スタンディングデスク」

「日本人は、座りすぎ」。

 

普段の私たちの生活を振り返ってみると、生活スタイルが”座ること”を前提としたものになっている人も多いのではないでしょうか。

オーストラリアの研究機関が行った調査では、日本人は一日に420分(7時間)も座っているという報告もあります。

 

 

ちなみに、この数値は世界20カ国中、一番多い時間です(笑)

 

この結果から私たちの普段の生活では、座っていることが多いと言われているのです。

 

 

しかし、私たちにとって7時間も座っているという自覚は、ほとんどないのではないでしょうか。

 

例えばビジネスマンでは、一日8時間勤務と考えると、このうちの4時間はデスクワークをすると仮定します。学生の場合は、4時間のデスクワークではなく、机での授業です。

 

仕事や学校に行っている時以外にも、座って過ごす時間は他にもあります。(食事の時間やテレビを見るとき、読書をする時間など)

 

しかしながら、様々な文献・調査報告書を拝見するに、座りすぎは良くないという研究結果があります。健康に対しての悪影響や集中力の低下などです。

 

 

そこで、座りすぎる環境を変えるために私は、「スタンディングデスク」での作業をおすすめします。

 

 

「スタンディングデスク」での作業は、その名の通り立ちながらの作業となります。

 

立ちながらの作業は、しんどいという一面がありますが、座っての作業に比べて健康に対して良い面があります。

 

 

 

一般的に、座るという行為で健康への影響として挙げられるのは、血流が悪くなることと筋肉の代謝が低下することです。(血流や筋肉の代謝が低下することによって、心筋梗塞や脳梗塞、肥満などの健康のリスクが高くなります)

 

 

しかし、スタンディングデスクを取り入れることによって、積極的に足を使うことになるのです。

足は、筋肉が多いため、第二の心臓と言われていて、筋肉の多い足を使うことによって、血行が促され健康に良い効果を与えてくれるのです。

 

集中力を高める効果について

スタンディングデスクは、健康以外に作業の面に対しても良い効果を与えてくれます。それは、集中力を高めてくれるため「生産性がUP」するということです。

 

 

立ったままでの作業になると、自然と座っている時よりも姿勢が良くなります。

姿勢が良くなることで、呼吸機能が向上するのです。それによって、脳に送られる酸素が増加して集中力が上がります。

 

 

また、健康に良い理由として挙げましたが、血流が良くなることも集中力が上がる原因となるのです。

血流が良くなることで、脳に送られる血液の量が増え、集中力が上がり持続するようになります。

加えて、「眠気の予防」にも効果的です。

 

-Home